アドセンス、ブログ3ヶ月目で初収益。収益の要因や、私が取り組んだこと。

スポンサーリンク


こんにちは。

いねだ(@antisalary)です。


このブログも始めて3ヶ月が経とうとしている。

アクセスが思うように伸びず、
モチベーションが不安定になりかけていたが、
地道に更新し続けて、
ようやくグーグルアドセンスで初収益が出た。

素直に嬉しく思う。

始めて間もないのに、月数十万とか稼ぐ
凄腕のブロガーがいるのは事実だが、
多くの普通の人のブログってこんな感じだと思う。


あなたはブログの収益がなかなか発生せず、
辞めたくなっていませんか?


そんなあなたに、
参考にしていただきたいと思う。

スポンサーリンク



私のブログの3ヶ月間の状況

今までブログを続けてきて、
アドセンスのクリックは0。

アクセスは少しずつ増えてきていたものの、
アドセンスは一向にクリックされる気配がなかった。



「配置がよくないのか」
「クリックがカウントされていないのでは」

など、色々な憶測をしていた3ヶ月間。

配置に関しては改善の余地があるが、
「クリックがカウントされていない」
という憶測は外れたことが証明されたので、
少しほっとした気持ちである。

初収益の額は?

アドセンスの初収益の額は83円

要は、初めてクリックされ、
その単価が83円だったということ。

ずっとこの単価のままだとしても、
資金化できるようになるまで
あと100回くらいは
クリックされなければなりませんね笑

まだまだです。

実は本当の初収益は今回ではない

初収益とは言ったものの、
今まで毎月1円の収益が発生していた。

インプレッション収益というのが
おそらく計上されていたのだ。

これだけの記事数、文字数を書き続けて1円。

ランサーズクラウドワークス
ライティング案件に取り組んだ方が稼げてたかもしれない。

短期的な結果を求めるなら、
ブログよりもランサーズクラウドワークス
ライティング案件に取り組むことをおすすめする。


日本最大級のお仕事マッチングサイト!Webで完結、在宅で稼ぐ!無料登録(30秒)


日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」


今回、アドセンス広告がクリックされたと思われる要因


アクセスが伸びたことだと考える。

Amazon Barのレビュー記事
『Amazon Bar』に行ってきたので、基本情報(アクセス、期間、営業時間、メニュー)や感想を書いてみた。
普段のアクセス数を大幅に超えた。

Amazon Barは
2017年10月29日(日)まで
やっているイベントで、
気になっている人が多かったのだと思う。


クリック率を上げるためには
アクセスを増やすことが必要だと
痛感した。

今まで憶測していた
「配置が良くない」問題も、
まだ後の話で、
まずはアクセスを増やすことを
考えていかなければならない。

アドセンス初収益までに私が取り組んだこと

①とにかく書くこと


まず100記事書くことを目標に、
日々取り組んだ。


『質』より『量』を選んだのだ。

質が良ければもっと早く
収益が生まれていたかもしれない。


しかし正直、
初心者で記事の質の良し悪しなんて
わからないと思う。



質の良い記事がどんなものかわからず、
下手に質にこだわる

記事数が増えない

渾身の記事を書いても読んでもらえない

モチベーションが下がっていく

ブログを早期に辞める

という事態は避けたかったのだ。


だから私は
質は抜きにして、
誰も読んでいないうちに記事数を増やし、
「後でリライトすればいいや」
という気持ちで取り組んだ。

最近になって、1ヶ月目の記事に
検索流入が増えてきているので、
そろそろリライトも積極的にやるべきかと
考えている。

②トレンドの記事を書いてみた

Amazon Barのレビュー記事。

『Amazon Bar』に行ってきたので、基本情報(アクセス、期間、営業時間、メニュー)や感想を書いてみた。

これは「普段の記事よりも読まれるかも」
と、少し狙った部分もある。


トレンド系の記事は
『速さ』が重要だと思う。


だから『質』以上に
『公開する速さ』にこだわって
Amazon Barの記事を書いてみた。



すると公開してすぐに
普段からは考えられないくらいの方に
読んでいただくことができた。



あくまで一過性のものではあるが、
まだアクセスが少なく、実績のない方は
『話題のことをいち早く記事にする』ことを
1度やってみると良い。

最後に

まだまだアドセンスの収益が
資金化されるのは遠い話。



しかし今回、収益が発生したことで、
今まで暗闇をさまよっていたところに、
少し光が見えたように思う。

これからも地道に続けていきたい。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする