株日記2日目と2日間での収穫。

スポンサーリンク


今日も朝から株。

しょっぱな
Aimingの上昇の流れに乗って見た結果、
見事に私が買った時が天井。

買って一分くらいで30円ほどの下落の被害にあった。

昨日と同じだ。

どうして私は突発的に
興味ない銘柄の動きにつられて買ってしまうのだろう。

まだまだ初心者だということだな。

これさえ気をつければ
もっと利益を出せると思う。

昨日引け間際に買ったのは
インフォテリア。

前半こそ大幅に下がっており、
上記の件と合わせて
大損するのではないかと思ったけれども、
様子を見ていると途中でプラ転。

1381円で買い→1388円で売り。

これ以上損を出したくなかったので
すぐに売ってしまいました。

そのインフォテリアが
後場の前に好材料を発表したため
急上昇し、悔しい思いをしました。

↓↓こちらですね↓↓

~ 総務省「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業に当社製品が採用 ~
「自律型ロボット教材を活用したプログラミング学習モデルの検証」
におけるタブレット/スマートフォンを活用した学習効果測定に
「Handbook」を提供!

その他の取引については、


ソレイジア…392円で買い→398円で利確
モブキャスト…922円で買い→910円で損切り
REMIX…1328円で買い→1332円で利確
トレイダーズ…160円で買い→持ち越し

こんな感じ。

損切りが遅いのか、
利確を早まりすぎているのか…

これでは利益は出ませんね。

今日は最初のAimingのミスが響き、負け。

限られた資金の中で、
比較的積極的に投資したつもり。

2日間を通して勝つことはできなかったが、
多くの収穫を得たように思う。

2日間の株取引での収穫

スポンサーリンク



①急上昇する銘柄に飛びつかない

今回の最も大きな敗因はこれだと思う。

昨日はサノヤスHDが急上昇しているところに飛び込み、
今日はAimingが急上昇中に飛び込んでしまった。

結果、高値で掴み、大きな損失を出してしまった。

初心者にはよくあることかもしれない。

わかっているのだけれども
時々やってしまう。

また、株をやるのが久々であったため、
欲が出てしまった。

この取引を除けば、
良いとは言えないけれども、
コンスタントに利益が出ていた。

②損切りのタイミング、利確のタイミング

「損をできるだけ小さく、
利益をできるだけ大きく」が鉄則だと思うのだが、
私の場合、損と利益が同じくらいになってしまった。

だから上記のミスが起こった時に
大きく負けてしまうのである。

神王リョウという著名な投資家がいる。

彼は

「10回中4回かてればよくて、
損失をいかに小さくして利益を大きくすることができれば
誰でも勝てる」

とおっしゃっている。

本当にその通りだと思うのだが、
私の場合、まだこの点が甘い。


損切りする前に迷いが生じてしまうし、
利益が出た瞬間、すぐに売ってしまうのである。

だから利益と損失がイコールになってしまった。

③設備は整えたほうが良い

私は2日間しか真剣に取引できないという理由から、
半ばデイトレに近い取引をしていた。

デイトレをするのであれば
設備をある程度整えたほうが良い。

なぜなら、デイトレは1秒が勝負の世界であるからだ。

だからパソコン1台でやっていると
いちいち発注画面とかチャートの画面とか
切り替える時間にも株価が動いていて、
チャンスを逃してしまう可能性がある。

モニターは最低3台はあったほうが良いのではないだろうか。

私は現時点では設備が揃っていないため、
パソコンとタブレット、スマホで対応した。

結果としてチャートを見たり
銘柄を見たりする効率が下がり、
売買の回転数が少なくなってしまった。

だから今後、デイトレをやるためには
設備を整えることが大事だと感じた。

④実際にやってみると予想以上に孤独

これも強く感じた。

人間関係のストレスが一切ないのは
精神的に良いことなのだけれども、
自己資金を投じて頑張って売買している間、
周囲は完全に無音状態であり、
これを5時間も続けているのは
予想以上に孤独感があった。

声を発することがないので
何年も続けていたら
なんだか人格が変わってしまいそうな気がした。

⑤自分の投資スタイルを確立させる必要性

デイトレで少しの利益を量産するのもよし、
数日持ち越して利益確定できるところで売るのもよし。

株式投資と言っても様々なパターンがある。

自分の生活や性格にあった投資スタイルを
見つけると良いと思った。

会社員で副業として株をやるなら
デイトレはできないし、
私のように損切りなどの判断に迷う人は
もしかしたらデイトレは向いていないのかもしれない。

経験していく中で
自分にあった投資方を身に付けたいと感じた。

⑥損を出している時に利確を早まりすぎてしまう

1度大きな損を出してしまうと、
そのあとの取引に支障をきたした。

これ以上の損失が怖くて
1円でもあげたらすぐに売ってしまったのだ。

今日のREMIXがそうであった。

利益が出た瞬間に売ったのだが、
その直後、REMIXの株価は
10円以上上がり、すぐに売ってしまったことを
後悔した。

損失を出そうと、利益が出ようと、
常に冷静な判断をする大切さを学んだ。

最後に

このように、たった2日間であったけれども、
これだけの気づき、学びがあった。

勝ち越すことはできなかったけれども、
大きな損失にはならなかったし、
得たものも多かったと思う。

1番強く感じたのは、
株の世界が決して甘くないこと。

もっと本格的に株を始め、
その手法やアドバイスなどを
ブログの記事としてかける時が
来たらなと思っている。

私の地道な脱サラまでの道のりを
どうか温かく見守っていただきたい。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする