「稼ぐ」よりも稼げなくてもいいから「ワクワクすること」をやろう。

スポンサーリンク


会社の同期が一人、早くも辞めるらしい。

会社を辞めるとなると、
知らないところで噂が広まり、
なんかめんどくさいね。

そういうのを恐れて
なかなか退職に踏み切れない人も
多くいるのではないかと思う。

私もなんとなく
周りに合わせた反応を取っているのだが、
私の率直な感想としては
「先を越された」というところ。

私も早く新しい道を
切り開いていかねばと
より一層感じる。

どうやら自営業を継ぐらしいのだが、
若くして経営に携われるし、
貴重な経験ができると思う。

最近たまたま会うことがあって、
少し話したのだけれども、
「人にこき使われるのが無理」とか
「そもそもサラリーマン向いてない」
といったようなことを言っていた。

とりあえずサラリーマンも経験してみたものの
サラリーマンそのものに嫌気がさしたといったところだろう。

私も強く共感することであり、
そう思ったならやめるという選択は
何も間違っていない。

しかし、社内の人間は
「だったら最初から就職するな」とか
「とりあえず1年くらいやればいいのに」とか
完全な主観で意見を述べる。

人は人で自分には関係ないのに
なぜ周囲の人は「サラリーマンこそ正義」
と言わんばかりの批判的な主張をするのだろうか。

妬んでいるのだろうか。

私はあくまで個人の自由だと思うし、
サラリーマンとして生きることが幸せなことだとも
思わない。

そして、とりあえず1年とか3年とか言うが、
20代の時間は非常に貴重なものである。

3年も働けば20代前半は終わってしまうし、
人によっては結婚したりするので、
自分の時間を作ることがより困難になるし、
会社をやめるという選択がしにくくなる。

何年働こうと、毎日同じ時間に同じ場所に行くのは
気分も乗らないしワクワクもしない。

従って、初めから楽しくなければ
3年働いたところで楽しくなることはないのだ。

20代という時間の貴重さについて、
以下の記事でも述べている。

「20代は最も貴重な時間である。」

貴重な20代前半の時期を
「とりあえず働く」で済ませて良いはずがない。

そういった意味では辞める決断は早い方がいいし
他に稼ぐあてがあるのなら
一刻も早く時間を奪うサラリーマンを辞めて
やりたいことに着手した方が良いだろう。

このような仲間が近くにいることで
私自身、後押しされる気持ちである。

私もサラリーマンとしてこき使われ、
嫌なことはちゃんとやらないし、
それだけで価値を判断されるのは
性に合わない。

早くやりたいことで生きて行く
力をつけていかねばという所存である。

ただ楽して稼ぎたいという気持ちだけでは
続かないと思うし、結局は稼ぐために
嫌な仕事を引き受けてしまうことになる。

だからやりたいことを見つけて
そこに集中することが大事だと思う。

儲からなくてもいい。
好きなことにとことんハマることだ。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

スポンサーリンク