金融マンが解説!銀行と信用金庫の違い、信用金庫の特徴について(基本編)

スポンサーリンク


こんにちは。

いねだ(@antisalary)です。

今まで銀行の話題を
取り上げることが多かったが、
今回は信用金庫に着目してみたい。

銀行と信用金庫の違いから、
信用金庫の特徴について書いていきたいと思う。



この記事が、就活生や、
これから就活を控える学生の方の参考になればと思う。

スポンサーリンク



信用金庫の業務は銀行と同じ

昔から続く銀行の3大業務、
『預金、融資、為替』という業務は、
信用金庫でも同じである。

投資信託や保険も扱うため、
支店で働く上では、銀行と業務内容はほとんど違いはないかと思う。

では、銀行と信用金庫の違いはどこにあるのだろうか。

銀行と信用金庫は存在意義が異なる

そもそも、銀行と信用金庫は、存在意義が異なる。

銀行は、『銀行法』という
法律の元で成り立っているのに対し、
信用金庫は、『信用金庫法』という、
別の法律で成り立っている。

では、具体的に何が違うのだろうか。

信用金庫は株式会社ではない

すべての銀行は株式会社であり、多くは東証一部に上場している。

銀行以外の株式会社と同様、
株式を発行し、投資家から資金を募るし、
何よりも大事なのは会社、株主の利益である。

対して、信用金庫は株式会社ではない。

協同組織金融機関として存在しており、
株式を発行していない。

その代わり、『出資』という方法で、
証券を買ってもらい、出資をした人は
『会員』、株式会社でいう、『株主』のような扱いを受ける。



名目上は、利益のみを追求することよりも、
地域の繁栄を支えることを目的とする非営利組織なのである。
(名目上です。これ大事です。)

地域金融機関として、営業エリアを限定している

信用金庫は先ほど挙げた『信用金庫法』により
営業地域が限られている。

そして、
決められたエリアに居住地、勤務地、事業所のうちどれかがないと、融資の条件でもある、信用金庫の会員になることができない。

つまり、
信用金庫の営業エリアに住んでいるか、
働いているかしていないと、
信用金庫とは取引ができないのだ。

反対に、銀行は営業エリアが限定されていない。

都市銀行であれば、全国、そして海外にまで
支店を構えている。

地銀も営業エリアが限定されているわけではなく、ビジネスチャンスがあれば、
他県、そして海外にも進出する銀行もある。

全国に様々な信用金庫が存在するが、
規模によって営業エリアは様々である。

上位信金は県全域、
そしてその付近の県にまで営業エリアを持ち、
地銀と同等の規模を持つ信金も存在する。

しかし多くの信用金庫は、県内の中でも限られた
地域に営業エリアを持ち、地域密着度が非常に高いのが特徴だ。

法人取引は、中小企業に限定

銀行は、株式会社であり、
優先されるのは会社、株主の利益である。

利益を上げるためには大企業と取引をして
大きな金額を融資したいのだ。

そのため、大企業との取引に力を入れている。

しかし信用金庫は、『信用金庫法』により、
融資対象が、資本金9億円以下または従業員300人以下の中小企業に限定されている。

仮に、取引先が成長し、
資本金9億円、従業員数300人を上回ると、
『卒業』という形で信用金庫とは取引ができなくなる。

小口取引が中心

主な取引先が中小企業や個人事業主なので、
1つ1つの取引の額が銀行と比べて小さいのが特徴である。

銀行であれば、数千万の融資なんて大したことではないかもしれないが、信用金庫では数百万〜数千万の融資が中心であり、その一つ一つが貴重な取引である。

そのため、自ずと頭より足を使う、
泥臭い営業スタイルとなる。

1000万以上の預金を持つ客にはVIP待遇

都市銀行であれば、1000万どころか、
数億の預金を持つ人がざらにいると思う。

そして、そこまで力を入れなくとも、
自然と預金が集まるだろう。

しかし、信用金庫において、
たくさんの預金を持つ客は非常にレアである。



貴重なお金持ちの客を、
信用金庫側としてはどうしても手放したくないのだ。

だから1000万以上持つ客に対しては、
これでもかというくらい、面倒を見る。

客からしてみると、望まない投資商品を勧められたり、少し厄介かもしれない。

まとめ

  • 信用金庫の業務は銀行と同じ
  • 銀行と信用金庫は、存在意義が異なる
  • 地域金融機関として、営業エリアを限定している
  • 法人取引は、中小企業に限定
  • 小口取引が中心
  • 1000万以上の預金を持つ客にはVIP待遇

いかがだろうか。

銀行と信用金庫の違い、信用金庫の特徴について
基本的なことをまとめた。


就活生や、これから就活を控える学生で、
金融業界を志望する方は知っておくと良い。

さらに踏み込んだ話については、
別の記事で書いていきたいと思う。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする