ブログで身バレしないためには

スポンサーリンク


ブログで自分のことが知り合いにバレてしまうと、

書きたいことも書きづらくなる。

それが嫌な人は身バレしないように気をつける必要がある。

ただそれって結構難しい。

なぜかというと、身バレしないためには、

自分に関する情報を一切出さなければ良いのだが、

そうするとあれもダメこれもダメ…という状況になり、

最終的には何も書けなくなってしまうのだ。

私自身、ブログを書くときに必ずと言っていいほど、

身バレしないかと考えてから書いている。

そこで私が実践している身バレしない方法について

いくつか紹介したいと思う。

①個人情報が特定されうることは書かない

どこの県に住んでいるとか、近所の写真をアップしてしまうとか。

会社の愚痴をありのままに書いたり、

身内しか知らない出来事を書いてしまったりすると

偶然見てしまった上司がデジャブってしまったりすることはありうる。

②旅行など休暇の詳細を更新すること

休暇中に旅行に行って、休暇明けに会社で

どこに行ったとか話す機会というのは大いにありうるし、

お土産を買っていくことも常識とされているだろう。

そこから思わぬ形で疑われてしまうかもしれないので

日記調の記事は避けたほうが良いし、必要以上に

写真や特定の固有名詞を使うのはやめておく。

③ブログを書いていることを誰にも言わないこと

どんなに仲のいい人にも、家族にも。

友達に趣味でブログ書いてるなんて言うと

予期せぬつながりでバレてしまったりするのである。

かなり初歩的であるが、主にこの3つさえ守れたら

これだけ多くの情報が飛び交うネットの中で

個人を特定することは容易ではないと思うのだが、

長い期間更新を続けていると、

ところどころにぽろっと情報を出してしまっているため、

常に心がけておくべきである。

どうしても会社をクビになりたくなかったり、

辞めたい気持ちがない人は注意しましょう。

本気でブログで稼ぎたい!と思う人はむしろ

どんどん情報をさらけ出していった方が良いと思うが。

やはり素で書いているブログは面白いし、

時には炎上するほど盛り上がることもある。

アクセスアップが見込めるのは間違いない。

だから、毎回同じ結論に至るのだけれども、

ブログで稼ぐという覚悟を決めたなら、

会社を辞めてありのままを書いてしまおう。

サラリーマンには経験できないことをたくさん経験して

それも記事にしてしまおう。

サラリーマンやりながら書いている人と

ブログ1本で覚悟を決めた人とでは

当然記事の質、サイトのデザインの質など変わってくる。

量も質も向上すると思うので、

縛られる要素は極力無くしてしまえばいい。

まだ会社を辞めることができていない私のブログを見てもわかるだろう。

デザインへのこだわりが極端にないことが。

というのも私は今

記事を書くことにハマっているためであって、

気が向いたら変えていくつもりではある。

どうしても一つ一つに時間がかかてしまうのが歯がゆい。

二兎追うものは一兎をも得ず。

会社に勤めていては

多くの人が知らないであろう情報を書いてしまうと

バレる可能性があるし独自の記事を書きにくい。

結局は覚悟を決めて1つに絞ることが

何も邪魔されることなく有益な情報が提供できるのではないだろうか。

それが結果としてアクセスアップにつながるはずだ。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

スポンサーリンク