【株・FX】1月の投資成績と2月初週の損切り地獄。

スポンサーリンク


こんにちは。

少し遅れてしまいましたが、1月の投資損益について公開します。

スポンサーリンク



2020年1月の損益

2020年1月の確定損益:+22,668円

2020年2月の損益

含み:+9,900円
確定:−61,790円

直近のトレード振り返り

1月は、一時+150,000円程の含み益があり、「やっと株で勝てる時が来たか」と浮かれていたのですが、調子に乗った結果、売るタイミングを誤り、さらには無駄トレードを増やしてしまう始末。

結局、感情と欲に惑わされてしまい、微益に終わりました。



そして、1月末〜2月初週にかけて、追い討ちをかけるように大損をこくことになってしまいました。

外的な要因として、コロナウイルスによる株式市場の全体的な暴落があったわけですが、私はそれほど大ダメージを受けたわけではありませんでした。

では、私が爆損こいた原因は?と言いますと、それは多くの投資家が悩むであろう、決算です。

ちょうど多くの企業が決算を発表する時期だったのですね。

私が保有していた銘柄も決算が発表され、1銘柄は好決算にも関わらず、暴落。

昨日にはもう1銘柄も業績低下で暴落。

今までにない大損を出してしまったのです。

決算期は、「決算ギャンブル」なんて言われているように、発表後に大きく株価が動きます。

リスクを抑えるのであれば、決算を跨がないようにした方が良いのですが、根拠なき自信で持ち越した結果、この有様です。



1度大損を出してしまうと、「取り返したい」という気持ちから冷静な判断が出来なくなり、よく考えずに別銘柄を買い、さらに損を出していくという、悪循環に陥ってしまいました。

非常に辛いですが、これが現実です。。

勝ち続けているトレーダーの方々は、本当にすごいなと思いました。。

FXを始めました

報告になりますが、2月からFXを始めました。

ほぼ最小限の金額から始めています。

なぜFXをやろうと思ったかというと、いつかの下落相場でも利益を狙いたいと思ったからです。

なので、FXでは売りの方も積極的にやってみたいと思ってます。

1週間の結果としては、約7,000円ほど利益を出せました。



狙って入ったエントリーに関してはほぼ勝つことができましたが、なんとなく入ったスキャルピングでは全敗。

24時間取引ができるからこそ、あえてスキャルピングをやってみたのですが、簡単なものではありませんでした。



今後、いくら時間があってもスキャルピングはしないように気をつけないと近々、痛い目に遭いそうです。。

そして、取引時間が長いが故に、日に日に無駄なトレードも増えてきています。

昨日も、寝る前によく考えずにドルを購入してしまい、持ち越しております。

なんだか下げそうな気がして仕方がないです。



なんとなくエントリーしてしまうことさえ無くせれば、株もFXも勝ちに持っていけそうな気がしているのですが、非常に深刻な課題であります。

「いかに決めたルールに則ってトレードできるか」というメンタルの部分が、もしかすると一番大事なのかもしれません。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする